何故インフルエンザは冬に流行するの?

例年ならば、インフルエンザは12月頃から流行し始めて、1月から2月には流行のピークを迎えます。
では、何故インフルエンザは冬に流行るのでしょうか。インフルエンザウイルスは、生物の細胞に寄生しなくては増殖することができません。
しかしながら、温度が低くて空気が乾燥している状態であれば、インフルエンザウイルスは空気中でも長く生き続けることができます。
特に、温度15℃以下、湿度20%前後が、インフルエンザウイルスにとっては最適な環境とされています。
つまり、冬は温度15℃以下、湿度20%前後の日が続くことが多いですので、インフルエンザウイルスにとって適した生存環境が整っているということになります。
ですから、冬は他の季節よりも空気中にインフルエンザウイルスが存在する可能性が高くなり、その分感染しやすくなってしまうというわけです。
さらに、窓を閉め切っていることが多いという点も、冬にインフルエンザの感染拡大を引き起こす原因となります。
窓を閉め切った部屋の中で、感染した人が咳やくしゃみをしてウイルスがまき散らされると、そのまま部屋の空気中をウイルスが漂い続けることになります。
そして、その空気を他の誰かが吸い込むことで、感染が広がってしまうのです。また、インフルエンザが冬に流行しやすい理由の一つに、人の免疫力が冬になると低下することも挙げられます。
インフルエンザウイルスは口や鼻から体の中に侵入しますが、気道の粘膜がウイルスが体内に侵入するのを防ぐ働きをして、インフルエンザに感染するのを予防しています。
けれども、低温度・低湿度の環境下では、粘液が減ってウイルスの侵入を防ぐ細胞の働きが鈍くなるため、気道にウイルスが付着しやすくなり、そのまま体内に侵入してしまう可能性が高くなるのです。
夏でもインフルエンザウイルスが存在しないわけではありませんが、上記のような理由で冬の方がインフルエンザが流行しやすくなります。
予防接種を受ける以外のインフルエンザの感染対策としては、室内の湿度を適度に保つことで、インフルエンザウイルスに適した生存環境をつくらないことが大切です。

ノロウイルスも冬に流行することが多い

インフルエンザだけでなく、ノロウイルスも冬に流行することが多いウイルスです。一般的にいえば食中毒が流行しやすいのは夏場ですが、ノロウイルスも食中毒の一種であるのにもかかわらず、何故冬に流行することが多いのでしょうか。
ノロウイルスが冬に流行することが多いのも、インフルエンザと同じで、冬の温度や湿度が関係しているようです。
一般的に食中毒の原因となる細菌は食品の中で増えますが、ノロウイルスは食品の中ではなく人の腸内で増えるとされています。
感染者の嘔吐物や便などが付着した食品や物を介して、ウイルスが体内に入ってしまうことがノロウイルスの発症の原因です。
ノロウイルスに感染した人が、ドアノブに触れたりトイレを使用したりすることで、あちこちがノロウイルスに汚染されることになります。
ノロウイルスも低温度・低湿度なら空気中で長く生存することができるため、気温が下がって空気が乾燥する冬はノロウイルスの感染も広がりやすくなってしまいます。
不特定多数の人が使用するようなトイレなどは特に注意が必要です。
また、インフルエンザと同じように、人の免疫力が低下していることも冬にノロウイルスが体内に侵入しやすくなる原因の一つです。
症状には個人差がありますが、ノロウイルスに感染すると多くのケースでは発熱や腹痛、嘔吐、下痢などの症状が引き起こされます。
体力があって免疫力や抵抗力の強い人はたとえ感染しても発症せずに終わることがある一方で、子どもや高齢者の場合には症状が重症化する恐れもあります。
ノロウイルスを予防するには徹底した手洗いが有効です。ただし、アルコール消毒はノロウイルスには効果がないといわれていますので注意しましょう。