インフルエンザ脳症ってどんな症状なの?

インフルエンザの合併症の1つです。
脳内にインフルエンザウイルスが進入して発症する病気のように思われがちですが、脳内でウイルスが増殖することはなく、実際は免疫異常です。
体には、免疫を調整し体内に侵入した病原体を排除する物質が働いて体を守っていますが、インフルエンザウイルスの毒性はかなり強いために、免疫系統が異常をきたし正常に機能しなくなる場合があります。
つまり、インフルエンザウイルスに対抗しようとした体内の免疫が、オーバーワークして脳の組織を破壊してしまう病気ということになります。
主に5才以下の乳幼児に発症することが多く適切な治療を受けることによって約7割は問題なく回復するのですが、一方で死亡に至るケースや、後遺症が残る割合も比較的高いので、大変怖い病気と言えます。
急速に進行し、発熱後、数時間から1日以内に起こります。通常は発熱後、風邪のような症状が出ますが、高熱や咳・鼻水・喉の痛み、関節痛や倦怠感といったインフルエンザ特有の症状の他に、全身がガタガタ震えるような痙攣、名前を呼んだり刺激を与えても反応しない意識障害、急に怒り出したり歌いだしたり、意味不明な言動等があらわれるようになります。
インフルエンザの感染に伴い急激に発症し、神経細胞など脳に障害をもたらし、時には全身の諸臓器も障害を受け多臓器不全を引き起こす重い疾患です。
次第に意識障害が進行していき、症状が進行すると、多くの臓器の障害が出てきます。腎障害による血尿、胃腸障害によるひどい下痢、肝機能障害などです。
人工呼吸器が必要になることもあります。ただ、これらは重い例で、意味不明の言動や痙攣があるだけで意識障害は軽いことも、かなりあります。
ただし痙攣は高熱による熱性痙攣が起こっている可能性も考えられます。熱性痙攣であれば、多くが5分以内に治まり特別な治療は必要としませんが、15分以上痙攣が続いたり左右非対称の痙攣が現れた場合や、通常のインフルエンザと違うと感じた場合は速やかに医療機関を受診するべきです。
また、25%の確率で後遺症が見られるとされています。インフルエンザ発症後、数時間から1日以内に合併症にかかる場合が多いですが、稀に48時間ぐらい経ってから合併症にかかる場合もあります。
どちらの場合も同じぐらいの確率で後遺症が見られるそうです。後遺症としては、身体障害では四肢麻痺や片麻痺、精神的障害では知的障害やてんかん、高次脳機能障害などが挙げられます。
こうした後遺症は、リハビリテーションを通じてある程度回復することがありますが、症状によっても異なるため、担当医と相談しながら方法を検討する必要があります。

インフルエンザ脳症はワクチンで予防できる?

では、ワクチンを打てば予防することは可能でしょうか。インフルエンザのウイルスは構成するタンパク質の種類によって、A型B型C型の3種類に分類されます。
インフルエンザを構成するタンパク質の組み合わせは非常に多く、予防接種は、その年に流行する組み合わせを国立感染研究所が予測し作られますので、完全に防げるわけではありません。
そのため、予防接種をしたのにインフルエンザにかかってしまう人もいます。5歳以下の乳幼児に多い病気ですが、生後半年以前の乳児には予防接種の効果が期待できませんので、希望しても接種は受けられません。
生後半年をすぎると、積極的に予防接種を受けた方がよいでしょう。
インフルエンザワクチンは残念ながらインフルエンザに対する予防の効果しかなく、インフルエンザにかかってしまうとその他の合併症を防ぐ手立てはないのが現状です。
しかしインフルエンザそのものを予防することがその他の合併症の発症を防ぐ唯一の手段ですから、早めに予防接種を受けておくことが大切だといえます。
幸い毎年接種を続ければ免疫力が高まります。乳幼児期から積極的に接種し、免疫力を高めていきましょう。
ただし、上記のようにインフルエンザの予防接種をしてもインフルエンザにかかってしまうこともありますから、ワクチンによる予防接種も大切ですが、日頃からインフルエンザにかからないように気をつけることも大切です。
日頃から手洗いとうがいを徹底し、インフルエンザが流行している時期には人混みを避け、外出時はマスクを着用するようにしましょう。インフルエンザウイルスの潜伏期間は1日から2日、長くても3日以内です。
混雑した場所に感染している人がいたり、外出先で会っていた人が実は感染していたり、知らないうちに感染してしまうこともあるので、普段から手洗い、うがいを習慣にしましょう。