インフルエンザ感染後の学校や会社のお休みについて

インフルエンザにかかってしまうと、高熱が出ることが多く体の関節部分に痛みを感じたり、他にも鼻水や咳などといった症状が出ることもあります。
人によって症状の出方は異なりますが、安静にしなければ重症化しやすく、また感染力も高いためしっかりと休息して治す必要があります。
そこでインフルエンザは感染後どのくらいの期間学校や会社を休むべきかというのは、厚生労働省が見解を出しています。
一般的にインフルエンザは感染後数日で発症し、発症後は3~7日間鼻やのどからウイルスを排出するといわれています。
そのためこの期間はできるだけ外出を控えるべきとしています。
またウイルスが鼻やのどから排出される期間は個人差があるため、咳や鼻水などの症状が出ている時はマスクをするなどの配慮も必要とのことです。
ですが学校では発症から5日を経過し、かつ解熱した後2日経過するまでは出席停止になると、学校保健安全法で定めています。
これは地域の教育委員会や学校・病院などの診断によっても差はありますが、だいたいはこの期間休むことが求められています。
会社に関しては会社ごとに見解が異なり場合によっては規則で定めているところもありますが、医師の指示や本人の体調によって休む期間を決めることが多いようです。
会社で明確な休みが決まっていない場合でも、できれば完治後に出社をするべきではあります。
たとえ発症後に熱がすぐ下がったとしても、再度発熱がみられるケースもあります。そのため最低でも解熱した翌日までは様子を見たほうがいいのです。
他にも鼻やのどの症状が強い時は、マスクを着用しても周囲に感染を広げてしまう確率が高くなるので、症状が落ち着くまでか発症から1週間は出社を控えるようにします。
どれだけ休めばいいかわからない時は、医師に相談して指示してもらい、その指示に対して上司の判断をもらうようにします。あくまでも自己判断で出社をしないように注意します。

インフルエンザで学校を休んでも欠席扱いにならない

学校では学校保健安全法で発症から5日経過後でかつ解熱後の2日を経過しなければ出席してはいけないと定められています。
ですがこの期間は休んだとしても出席停止期間と扱われるため、欠席扱いにはなりません。
これは学生の意志で休んでいるのではなく、学校保健安全法に基づいて出席停止にしているからです。
そのためこの期間は安心して休むことができます。
この期間の定義で注意したいのは、発症した日はカウントせずその翌日から1日目とカウントすることです。
これは解熱の時も同じで熱が下がった日はカウントせず翌日から1日目とカウントしていきます。
またどちらも条件を満たす必要があるため、勘違いしないことが重要です。例えば発症した翌日に熱が下がったとしても、その翌日から2日経っても登校することはできません。
あくまでも発症の翌日から5日間は出席停止期間になるため、それが経過しなければ登校は認められません。
なぜここまで細かく日数などが定められているかというと、インフルエンザはとても感染力の高い病気だからです。特に学校や会社など一つの空間で大勢が過ごす場合は、空気中にウイルスが広まってしまうと集団感染となってしまうことも考えられます。
人によっては症状が重くなることもあり、できるだけ感染を広げないことが大切なのです。
そのため予防するにはインフルエンザにかかっている人と接触しないこと、また接触した可能性がある時は手洗いうがいでしっかり対応すること、他にも人ごみなどは避けることが必要です。
またインフルエンザにかかってしまった人も、感染を拡大させないためにも完治後であってもマスクを着ける、人ごみに行くのは避けるなどの配慮をしなければなりません。双方が感染を拡大させないために気をつけることが大切です。